離婚慰謝料について

離婚慰謝料を考えたら、請求する権利の有無を確認して下さい。
(スマートフォンでご覧の場合は、横回転にすると読みやすくなります。)

浮気慰謝料のご相談はお任せ下さい

【目次】

● 離婚慰謝料について
● 浮気の慰謝料は誰に請求出来る?(請求相手)
● 慰謝料の決め方について(請求の流れ)
● 慰謝料はいくら払えばいいですか?(相場)
● 慰謝料のQ&A

離婚慰謝料とは、結婚中に配偶者から受けた
精神的苦痛・肉体的苦痛をお金で解決することを言います。
(例 精神的苦痛に対する慰謝料として○万円を払う。)

慰謝料請求の可否は、離婚原因によって判断され、
配偶者の浮気(不倫)や暴力(DV)が原因の場合は請求出来ます。
(例 浮気されたから慰謝料○万円払って欲しい。)

一方、性格の不一致が原因だと慰謝料の請求は出来ません。

【慰謝料請求の可否】

◇ 請求出来る  → 配偶者の浮気や暴力
◇ 請求出来ない → 性格の不一致や金銭感覚の違い

浮気が原因の場合、直接話し合うことが出来るので、
事前に慰謝料の相場等を調べた上で、双方が納得出来る結論を出して下さい。

逆に暴力が原因の場合、直接話し合うことが難しい(危険)ので、
弁護士への依頼や家庭裁判所で行われる調停の申立を検討して下さい。
(例 弁護士は代理人として配偶者と交渉をしてくれます。)

当事務所では浮気を原因とする慰謝料請求のご相談が多いので、
今回は浮気(不倫)慰謝料について、分かりやすい言葉で解説させて頂きます。

青色の仕切り線

浮気の慰謝料は誰に請求出来る?

浮気相手への請求は負担が大きいので、
様々な葛藤はありますが、配偶者への請求をお勧めします。

浮気相手への請求は難しいです

【浮気慰謝料の請求相手】

① 配偶者
② 浮気相手
③ 配偶者と浮気相手(両方)

浮気(不倫)を原因とする請求相手は①~③となりますが、
自分の意思で誰に請求するかを、自由に選択することが出来ます。

夫「浮気相手には請求しないで欲しい・・・」

慰謝料を多く渡す代わりに浮気相手をかばう配偶者が多いので、
複雑な心境ですが、割り切って①配偶者へ請求されるケースが多いです。
(例 浮気相手をかばうのは許せないけど、我慢してお金をもらおう。)

この場合は養育費等の話し合いと並行して、慰謝料の協議も行います。

【浮気相手に請求する場合の流れ】

① 浮気相手に連絡
② 慰謝料の金額を伝える
③ 浮気相手からの支払い&示談書の作成

仮に浮気相手に慰謝料を請求すると決断した場合、
直接会って交渉する必要があるので、様々な負担を抱える可能性があります。
(例 浮気相手が挑発的な態度を取る人だったらどうしよう・・・)

又、浮気相手に慰謝料を支払う意思があったとしても、
希望額を受入れるとは限らないので、何度も交渉する(会う)必要があります。

このような場合は、代理人として交渉してくれる弁護士への依頼をお勧めします。
(注 当事務所では相手との交渉はお引き受け出来ません。)

最後に慰謝料を支払う合意が出来た場合は、
将来のトラブルを避けるためにも、示談書を作るようにして下さい。
(例 100万円の支払いで合意したのに、一方が違う金額を主張してきた。)

青色の仕切り線

慰謝料の決め方について(請求の流れ)

慰謝料の話し合いでは支払額がテーマになり、
支払者の経済状況を考慮した上で、慎重に決定して下さい。

慰謝料請求の流れを解説

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるので、
慰謝料の支払条件については、各ご夫婦の自由な意思で決定出来ます。
(例 浮気を原因とする慰謝料を一括で100万円払う。)

【支払方法について】

① 一括払い
② 分割払い

先ず慰謝料をもらう側からすると、①一括払いがベストですが、
現実的には難しいので、②分割払いで合意されるケースが多いです。
(例 まとまったお金がないから、一括では慰謝料を払えない。)

ちなみに一括払いでもらえる場合は、トラブル防止の観点から、
離婚前にお金をもらってから離婚届にサインをすることをお勧めします。
(注 離婚後に慰謝料をもらう場合は、未払いというリスクを抱えます。)

【分割払いで決めること】

① 支払始期(いつから)
② 支払総額
③ 毎月の支払額
④ 支払日
⑤ 振込先

先ず慰謝料の①支払始期(いつから)については、
離婚が成立した月又は翌月にされるご夫婦が多いです。
(例 浮気を原因とする慰謝料として離婚届を提出した月から・・・)

ただ養育費の支払始期とは違う点もあって、
支払者の経済事情を考慮した上で、支払始期を遅らせるケースもあります。
(例 自動車ローンが残り2回だから、3か月後から慰謝料を払う。)

妻「慰謝料は100万円欲しい。」
夫「厳しいから80万円じゃダメかな?」

次に慰謝料の②支払総額も夫婦間の話し合いで決定するので、
このような交渉を重ねた上で、現実的に払える金額を決定します。
(注 非現実的な支払額は未払いのリスクを高めます。)

浮気(不倫)を原因とする慰謝料の相場については後述させて頂きます。

妻「毎月6万円の15回払いでいい?」
夫「養育費もあるし、生活が出来なくなる・・・」

次に慰謝料の支払総額が決まれば、③毎月の支払額を話し合いで決定します。
(例 慰謝料90万円を30回(毎月3万円)に分割して支払う。)

慰謝料をもらう立場からすると、支払回数を短くしたいと考えますが、
支払者の経済状況を考慮した上で決定しないと、結局は未払いへと繋がります。
(例 毎月の支払い(養育費・慰謝料・ローン)が多すぎて払えない。)

次に慰謝料の④支払日で揉めるご夫婦は少なく、
一般的に支払者の給与日から5日以内に設定される方が多いです。

ちなみに給与日を慰謝料の支払日にすると、
振込みが間に合わないリスクがあるので、避けるケースが多いです。

最後に慰謝料の⑤振込先については、自分名義の口座になります。

青色の仕切り線

慰謝料はいくら払えばいいですか?(相場)

協議離婚では夫婦間の話し合いで決定しますが、
お互いが納得出来るまで協議し、現実的な金額で合意して下さい。

浮気を原因とする慰謝料請求の相場

「慰謝料の相場を知りたいです。」
「慰謝料100万円は妥当な金額ですか?」

慰謝料の支払総額は夫婦間で自由に決定出来ますが、
相場や基準を知りたいという疑問を抱えてご相談される方が多いです。

正直な話、支払者の経済力に左右されるので、
具体的な慰謝料の支払総額(相場)をお伝えすることが難しいです。

こういう訳で当事務所のご依頼者様の中でも、
浮気を原因とする慰謝料の支払総額は、50万円~300万円と幅広く分かれています。
(注 これは慰謝料の相場ではないので、参考程度にご利用下さい。)

【支払総額の計算方法】

① 支払者の年収
② 離婚後の支払者の生活

先ず浮気を原因とする慰謝料の支払総額を考える場合は、
①支払者の年収を考慮した上で、話し合って答えを出して下さい。

Aサン「年収400万円で慰謝料は500万円。」
Bサン「年収400万円で慰謝料は100万円。」

慰謝料の話し合いでは感情的になることが多く、
Aサンのように年収以上の支払総額を請求されるケースがあります。
(例 浮気をされたという気持ちが強すぎるため。)

さらに浮気をした側が反省している場合、
「自分が悪い」と考え、現実的な支払総額でなくても受入れがちです。

このケースでは、離婚の時点では納得出来ていても、
明らかにAサンの経済力に見合ってないので、未払いになるリスクが高いです。

こういう訳で、浮気を原因とする慰謝料の話し合いでは、
感情的になる気持ちも十分理解出来ますが、Bサンのように
先を見越して冷静になれる環境(両親の同席等)で進めることが大切です。

次に慰謝料の支払いを分割払いで合意した場合は、
②離婚後の支払者の生活を考慮した上で、毎月の支払額を決定して下さい。

Cサン「手取り20万円でローンの支払い有り。」
Dサン「手取り20万円でローンの支払い無し。」

CサンとDサンのように毎月の収入が同じであっても、
抱えているローンの有無によって、現実的に払える金額に差が生じます。

仮にCサンの抱えているローンが毎月10万円で、
慰謝料の支払額を5万円で合意した場合、恐らく生活に支障が出ます。
(※ ローンが無いDサンなら払える金額だと考えられます。)

【離婚後のCサンの心境】

「生活が厳しいな・・・」
「もうどうなってもいいかな。」

浮気をしたCサンに責任があるといっても、
収入と支出のバランスを欠いた支払額で合意すると、
時間が経つにつれてこのような気持ちになる可能性が十分あります。

こういう訳で、慰謝料の未払いというリスクを避けるためには、
Cサンが「投げやりな気持ちにならない」支払額を決定することが大切です。

養育費の相場を考える時も同じですが、開き直りが一番怖いのでご注意下さい。

青色の仕切り線

慰謝料のQ&A

不安や疑問を一つ一つ丁寧に解消することが、
離婚した後に後悔する可能性を低めることに繋がります。

慰謝料の疑問にお答えします

Q1「慰謝料の話し合いをスムーズに進める方法はありますか?」

先ずはインターネット・書籍・専門家等から情報を集めて、
相手に何を伝えるかという、自分の希望をまとめることから始めて下さい。
(例 慰謝料の支払総額・支払方法・離婚協議書(公正証書)作成の有無。)

浮気を原因とする慰謝料の話し合いでは、感情的になりやすいので、
信頼出来る人に同席してもらう等、冷静な協議が出来る環境を整えることも大切です。

Q2「慰謝料を一括でもらうデメリットはありますか?」

慰謝料を確実にもらえる方法なので、デメリットはありません。

但し、離婚後に一括でもらう場合は未払いのリスクがあるので、
必ず離婚届にサインをする前に慰謝料全額を受取るようにして下さい。

Q3「慰謝料を分割でもらうのですが、払ってくれるか不安です・・・」

慰謝料の支払いは相手の経済力に左右されるので、
現実的には一括払いが厳しくて、分割払いで合意される方が多いです。

この不安を軽減する方法として考えられるのは、
合意した内容を書類(離婚協議書又は公正証書)に残すことです。
(離婚協議書の詳細はこちら、公正証書の詳細はこちらをご覧下さい。)

特に公正証書には強制執行力があるので、合意内容を破ると
裁判所の判決を経ずに差押えが出来るのえ、慰謝料の支払率が上がります。

Q4「慰謝料は手渡しでもいいですか?」

慰謝料を手渡しで行うことは問題ありません。
(例 面会交流の時に慰謝料を渡す。)

ただ「渡した(もらってない)」というトラブルも起きやすいので、
慰謝料を渡したら、受取ったことを証明する書面を作るようにして下さい。
(振込みの場合は、控えがあるので問題は起きません。)

Q5「離婚原因が浮気の場合、全ての財産をもらってもいいですか?」

離婚原因が浮気だと、裏切られたという思いが強くなり、
全ての財産をもらいたいと考える方もいますが、これは間違いです。

協議離婚では養育費・慰謝料・財産分与等を話し合うことになり、
これらは重なるように見えますが、基本的には単独で考えることになります。

つまり離婚原因が何であれ、慰謝料と財産分与の話は別々に行います。

養育費は子供のため、財産分与は結婚中に蓄えた財産の清算、
慰謝料は精神的苦痛に対する対価、このようにそれぞれが重なることはありません。

Q6「慰謝料請求に時効はありますか?」

基本的に浮気の事実を知った時から、3年以内に請求する必要があります。