離婚問題で悩んでいる方へ

各ご夫婦によって抱える疑問や出発点は異なります。
1つ1つ丁寧に整理することで、離婚届の提出時期が早まります。

離婚問題に強い行政書士の辻雅清です

【目次】

● 離婚問題で悩んでいる方へ
● 離婚協議を終えた方へ(離婚届提出前に出来ること)
● 当事務所が出来る8つのサービス
● 当事務所の3つの特徴
● お客様への3つの約束

離婚に関するQ&A(全57項目)の詳細版はこちらのページに掲載しております。

Q いきなり妻(夫)が離婚をしたいと言ってきました・・・
(落ち着いて理由を聞くことから始めて下さい。)

Q 離婚にはどんな方法がありますか?
(主に話し合いで進める協議離婚と裁判所が関与する離婚があります。)

Q 性格の不一致は離婚原因になりますか?
(性格や価値観の不一致を理由に離婚を選択するご夫婦は多いです。)

Q 離婚準備は何から始めたらいいですか?
(夫婦間の協議を円滑に進めるためにも離婚情報の収集が必須です。)

Q 離婚前に別居しても問題ないですか?
(冷却期間としては良案ですが、財産状況の確認をする等の注意点もあります。)

Q 離婚するなら子供のことも考えないと・・・
(親権・養育費・面会交流・離婚後の戸籍や姓等について考えるようにして下さい。)

Q 養育費は何を決めたらいいですか?
(最低でも始期・終期・金額・支払日は決めるようにして下さい。)

Q 慰謝料の請求は出来ますか?
(離婚の原因が不倫や暴力の場合は請求することが出来ます。)

Q 財産分与はどう進めたらいいですか?
(先ずはメモ用紙に財産の一覧表を作ることから始めて下さい。)

Q 離婚届はどこでもらえますか?
(お住まいの地域の役所の窓口でもらえます。)

Q 将来後悔しないためにはどうしたら良いですか?
(お互いが納得出来るまで、正しい知識を使って話し尽くすことが大切です。)

青色の仕切り線

離婚協議を終えた方へ

あとは離婚届を提出すれば終わりですが、
その前に離婚協議書や公正証書作成という選択肢を知って下さい。

口約束はトラブルの原因になります

一般的に子供の養育費等の離婚協議が終われば、
役所に離婚届を提出して、協議離婚は成立(終了)となります。

この流れの場合、合意した条件は口約束で終えることになります。

夫「養育費は月3万円だよね?」
妻「違います。毎月5万円の約束でしょ。」

離婚後、口約束だとこのようなトラブルが起きる可能性があり、
相手の勘違いではなく、悪意がある場合は証拠がないので水掛け論になります。
(例 毎月の支払が厳しいから、わざと低い金額を伝える。)

こういったトラブルは書面という証拠があれば回避出来、
具体的には「養育費を5万円払う」といった合意条件を書き留めます。

妻「5万円て書いてるでしょ。」
夫「ごめんなさい。僕の間違いでした。」

この書面のことを離婚協議書又は離婚公正証書と言います。
(離婚協議書の詳細はこちら、離婚公正証書の詳細はこちらに掲載しています。)

このようにトラブル回避というメリットがあるので、
完成までのハードルは高く時間がかかる可能性もありますが、
離婚協議書や離婚公正証書を作るという方法があることを知って下さい。
(注 離婚協議書(公正証書)にはトラブル回避以外のメリットもあります。)

青色の仕切り線

離婚協議書と公正証書作成に自信があります

ご縁を頂いたお客様に対して、8つのサービスをご提供させて頂きます。

無料の離婚相談を実施しています

1.報酬は離婚協議書・公正証書完成後に請求させて頂きます。
(作成前に報酬の請求(いわゆる着手金)を行うことはありません。)

2.報酬の分割払い(利息0円)も可能です。
(お客様に支払回数と額を決めて頂きます。 → 料金案内)

3.相談実績が豊富なので、最適なアドバイスや離婚の方法をお伝え出来ます。
(年間相談数 H25年 268件 H26年 243件 H27年 243件 H28年 198件)

4.十分なヒアリングを通して、今やるべきことを整理してお伝えします。
(併せて離婚協議書や公正証書完成までの最短の流れもお伝えします。)

5.必要な知識や情報をお伝え出来るので、自信を持って話し合いに臨めます。
(正しい知識や情報を集めるという離婚準備が大切です。)

6.些細な疑問でも気軽に相談出来る環境作りに励んでおります。
(意思の疎通を密に取り、内容の濃い離婚協議書や公正証書を作ります。)

7.トゲトゲしい感情を抱かないオリジナルの文面を作ります。
(各ご夫婦の意向に沿った、後悔しない離婚協議書や公正証書を作ります。)

8.どれだけ時間がかかっても、完成を急かすようなことはしません。
(半年かけて離婚協議書や公正証書を作られた方もいらっしゃいます。)

青色の仕切り線

行政書士 辻 法務事務所の特徴

離婚協議書や公正証書の作成はお任せ下さい。
お客様からご好評を頂いている3つの特徴をご紹介します。

離婚チェックシートを使って作ります

離婚チェックシートを活用

これまでの経験を全て反映したオリジナルのチェックシートには、
離婚協議書や公正証書を作る上で必要な協議事項を全て掲載しています。

(養育費・面会交流・慰謝料・財産分与等、計13ページ63項目を掲載。)

チェックシートがあれば、離婚協議書や公正証書の知識や情報は不要です。

当事務所ではチェックシート+ヒアリングを通じて、
各ご夫婦の意向に沿ったオリジナルの離婚協議書や公正証書を作ります。

離婚リストをプレゼントします

離婚後の手続きリストをプレゼント

離婚届を提出した後にしか出来ない手続きも多々あり、
子供の氏の変更許可申立書等の書き方を分かりやすく解説しています。

(離婚届・離婚時の氏を称する届・子供の氏の変更届等、計13ページ掲載。)

協議離婚が成立しても、これらの手続きが残るので、
離婚協議書や公正証書の完成はゴールではなく通過点と言えます。

全国各地から離婚相談を受けてます

全国対応で作成します

全国各地からご相談やご依頼を頂いており、
電話・メール・郵送・面談等を用いて、離婚協議書や公正証書を作ります。

(注 相手方との交渉は弁護士法の規定によりお引き受け出来ません。)

公正証書を作る公証役場には住所地管轄(制限)がないので、
代理人制度を利用すれば、どの地域にお住まいでも大阪の公証役場で作れます。

(注 支払者の意識向上のためにも、夫と妻が出向いて作ることをお勧めします。)

離婚協議書の作成には公証役場は関与しないので、
当事務所が責任を持って着手から完成まで対応させて頂きます。

青色の仕切り線

お客様への3つのお約束

離婚協議書や公正証書の作成に力を入れています。
お客様の安心とご満足の為に、最大限のサポートをお約束します。

離婚相談を無料で実施中です

私との相性や経験値等を確認して下さい

⇒ 離婚協議書と公正証書の違いから説明します。
  無料相談でも全力で回答するので、様々なご質問をお寄せ下さい。

⇒ 相談終了後、直ぐに依頼を求めることや、
  営業の電話やDМを送ることはないので、ご安心下さい。

⇒ 交通費不要で出張無料相談(大阪府内限定)も実施しています。

分かりやすい料金プランです

追加料金ナシの一律料金です

⇒ 1.離婚協議書作成 4万円(税込)
  2.離婚公正証書の代理作成 5万円(税込)
   (ご夫婦の代理人として辻が公証役場に出向いて作ります。)

⇒ 報酬は離婚協議書・公正証書完成後の請求なので、
  作成前に報酬の請求(いわゆる着手金)を行うことはありません。

土日祝や夜間帯も対応します

密なコミュニケーションを大切にします

⇒ 事前予約制ですが、土・日・祝・夜間帯も対応します。
  仕事や育児の関係で日中の連絡が困難な場合は、お気軽にご利用下さい。

⇒ 離婚協議書や公正証書は簡単に作れるものではなく、
  お互いに何度も話し合って葛藤しながら完成させるものなので、
  その過程における疑問や悩み等は、じっくり時間をかけてお伺いします。