離婚公正証書を作るための費用

離婚問題はお任せ下さい

今回は離婚公正証書を作るための費用をお伝えします。

【離婚公正証書作成費用】

◇ 0円で作ることは出来ない
◇ 当事務所にご依頼の場合は5万円

離婚公正証書は離婚協議書と違って、
公証役場でしか作れないので、ご夫婦間で完成させることは出来ません。

公証役場は全国各地にあり、
特別な役所というイメージを持って頂ければ分かりやすいです。

公証役場には手数料の支払いが生じるので、
どのご夫婦であっても、0円で作ることは出来ません。

又、手数料は離婚条件によって異なるので、
100組のご夫婦がいれば、100通りの支払金額となります。
(※ 手数料の計算方法はこちらをご覧下さい。)

「行政書士に依頼する意味はありますか?」

離婚公正証書を作る過程の内、公証役場に対して、
離婚条件をまとめた原案(メモ書き)を提出する必要があります。

行政書士はご夫婦の意向に沿った、この原案を作ることが出来ます。

この原案はご夫婦で作ることも可能ですが、
行政書士に依頼をすることで、質の高いものを作ることが出来ます。

仮にご夫婦で作ったものがA4サイズ1枚としたら、
当事務所にご依頼を頂いた場合、修正等を重ねて3~5枚程度の内容に変わります。

又、当事務所では代理人作成を利用しているので、
ご夫婦は1度も公証役場に足を運ばずに、完成させることが出来ます。
(※ ご夫婦で作る場合は原案提出と作成日の計2回出向く必要があります。)

最後に離婚公正証書は簡単に出来るものではなく、
何度も協議して、葛藤を繰返して完成させるものだということを知って下さい。

【関連記事】
離婚協議書を作るための費用
離婚公正証書完成までの流れ
離婚公正証書を作るメリット

離婚公正証書についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる離婚公正証書

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【作成にかかる費用 2017/07/19】