中身を充実させる

離婚問題はお任せ下さい

【効果がある離婚公正証書の作り方】

① 離婚公正証書の情報を集める
② 支払率を上げるコツ
③ 離婚公正証書の中身を充実させる

離婚公正証書を作る場合、この3つのポイントが大切なので、
今回は③中身を充実させることについて、分かりやすくお伝えします。

【チェックポイント】

◇ 中身に不備はないか
◇ 専門家に1度は相談する
◇ 話し合いの過程を大切にする

離婚公正証書を作る上で大切なことは、
結果(完成)ではなく過程(離婚の話し合い)となります。

中身を充実させるということは、
内容に不備のない離婚公正証書を作るということです。

「そんな内容知らなかった・・・」
「その条項の必要性を知らなかった・・・」

離婚した後にこのような後悔をしない為にも、
①情報を集めるでお伝えした通り、情報収集を忘れないで下さい。

例えば離婚公正証書を作る場合、
清算条項を入れるべきですが、知らないという方が多いです。

清算条項とは離婚した後に追加請求しないという約束を言い、
これはご夫婦双方に適用されるので、トラブル防止に役立つことになります。

このように入れるべき条項が欠けている場合、
時間をかえて作った離婚公正証書の力が半減することになります。

当事務所でも原案のチェック(相談)を行うことがありますが、
A4サイズ1枚だった原案が、合意内容が増えて3~5枚程度になることがあります。

時間をかけて作った離婚公正証書を台無しにしない為にも、
依頼する・しないは別として、作成を考えたら1回は専門家への相談をお勧めします。
(※ 無料相談を実施している専門家は多いです。)

このように過程を大切にすれば、中身の伴った離婚公正証書が出来ます。

【関連記事】
公正証書の情報を収集する
支払率を上げるコツ
行政書士と離婚公正証書の関係

離婚公正証書についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる離婚公正証書

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【効果を感じる離婚公正証書 2017/07/10】