支払率を上げるコツ

離婚問題はお任せ下さい

【効果がある離婚公正証書の作り方】

① 離婚公正証書の情報を集める
② 支払率を上げるコツ
③ 離婚公正証書の中身を充実させる

離婚公正証書を作る場合、この3つのポイントが大切なので、
今回は②支払率を上げるコツについて、分かりやすくお伝えします。

【チェックポイント】

◇ 離婚公正証書も万能ではない
◇ 現実的な金額設定にする

離婚の話し合いは主にお金のテーマとなり、
多くもらいたい・少なくして欲しいという感情がぶつかるので、
出来る限り、冷静に論理的な協議を行う環境を作ることが大切です。

離婚の約束を守って欲しい
この気持ちが離婚公正証書を作る動機となり、
特に養育費を確保したいという方からのご依頼者が多いです。

先ず始めに覚えておいて頂きたいことは、
離婚公正証書を作っても、100%安心出来る訳ではないということです。

離婚公正証書は未払い時に強制執行を出来ますが、
いざ執行をする時に、差押えする財産がなければ出来ません。
(※ 支払者の代わりに国が払ってくれる制度ではありません。)

離婚原因にもよりますが、非現実的な金額で合意すると、
支払者が精神的・肉体的に疲弊し、開き直る可能性が高くなります。

「もうどうなっても良い。」

開き直る=養育費等の未払いに繋がることになり、
これがエスカレートして職を転々とすると、給与の差押えが困難になります。

このような状況を避ける為にも、養育費等の協議では、
支払者の収支シュミレーションをした上で、現実的な金額で合意して下さい。

これが養育費の支払率を上げるコツとなります。

【関連記事】
公正証書の情報を収集する
中身を充実させる
養育費の支払率を上げる方法

離婚公正証書についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる離婚公正証書

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【効果を感じる離婚公正証書 2017/07/06】