離婚Q&A(書面作成を渋る夫について)

離婚問題はお任せ下さい

離婚Q&Aを複数回に分けてお伝えします。

Q1「夫が離婚協議書の作成を嫌がるのですが・・・」

離婚協議書の作成は任意なので、
お互いが了承しない限り、作ることは出来ません。
(注 離婚公正証書を作る場合も同様の扱いです。)

つまり作ることに対して強制は出来ません。

Q2「夫が了承しない場合はどうなりますか?」

残念ながら諦める(口約束)しかありません。

どうしても諦めることが出来ない場合は、
協議離婚を諦めて、家裁が関与する調停に進むことになります。
(※ 調停離婚では調停調書という書面が作られます。)

Q3「夫を了承させる良い方法はありますか?」

夫が離婚協議書作成を渋る原因としては、
作ってもメリットがないという勘違いを持っているからです。
(注 今回は夫が支払者(債務者)を想定しています。)

先ずはこの勘違いを除く必要があり、
夫にも作るメリットがあるということを伝える必要があります。

Q4「具体的にはどのようなメリットがありますか?」

一般的に離婚協議書には清算条項を入れます。

清算条項を簡単に説明すると、離婚協議で合意した内容について
離婚した後に「お互いが文句(異議)を言いません」という約束になります。
(注 養育費に関しては、お互いが状況に応じて追加請求出来ます。)

つまり清算条項=追加請求防止に繋がるので、
離婚した後の生活設計を立て易くなるというメリットが生まれます。

こういう訳で夫が離婚協議書作成を渋る場合は、
清算条項のようなメリットを丁寧に伝えることが大切です。

【関連記事】
離婚Q&A(再婚と養育費について)
離婚Q&A(共働き夫婦の財産分与について)
離婚協議書を作るメリット
公正証書と離婚協議書の違い

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚Q&A4 2017/06/08】