離婚Q&A(通知義務について)

離婚問題はお任せ下さい

離婚Q&Aを複数回に分けてお伝えします。

Q1「通知義務とはどのようなものですか?」

離婚協議ではお金の話し合いを行い、支払いの終期まで
「○○が起きた時は通知する」という約束を通知義務と言います。
(お金=養育費慰謝料等の支払い。)

Q2「何が起きた時に通知しますか?」

各ご夫婦によって通知する内容は異なりますが、
住所・電話番号・勤務先の変更が生じた時に伝える方が多いです。

又、最近では養育費の再協議を見据えて再婚通知義務を入れる方も多いです。

Q3「通知の義務を負うのは誰ですか?」

通知義務を負うのは債務者(支払者)となりますが、
協議の結果、双方が通知するという合意をされる方もいらっしゃいます。

尚、再婚通知義務については、双方通知にされる方が多いです。

Q4「通知義務って大切ですか?」

軽視されている方が多いですが、
当事務所では通知義務を大切な条項だと考えております。

例えば、養育費の支払いが滞った場合、
電話番号が分からなければ、連絡(催促)することが出来ません。

こういう訳で離婚協議を考えたら、
合意の有無は別として、1回は通知義務の検討をして下さい。

【関連記事】
離婚Q&A(離婚協議書について)
離婚Q&A(離婚公正証書について)
離婚Q&A(秘密保持について)

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚Q&A3 2017/05/30】