離婚Q&A(離婚公正証書について)

離婚問題はお任せ下さい

離婚Q&Aを複数回に分けてお伝えします。

Q1「離婚公正証書とはどのようなものですか?」

協議離婚は夫婦間で養育費等の話し合いを行い、
協議の結果、合意内容を書面に残したモノを離婚公正証書と言います。

例えば、慰謝料の合意内容については、
請求理由・支払総額・分割額・支払日等を書き残すことになります。

Q2「離婚公正証書のメリットを教えて下さい。」

離婚公正証書を作ることで強制執行が可能となるので、
仮に養育費等が未払いになった場合は、財産(給与等)の差押えが出来ます。

又、書面に残す=証拠としての価値が生まれるので、
離婚後、一方が悪意のある嘘をつけないというメリットもあります。
(例 慰謝料の総額について100万円と80万円で揉める。)

Q3「離婚公正証書のデメリットを教えて下さい。」

離婚公正証書は強制執行が出来るとお伝えしましたが、
仮に相手に財産がない場合は、差押えをすることが出来ません。

つまり「無いところからは取れない」ということです。

又、全国各地にある公証役場でしか作れず、
作成する場合は、必ず公証役場手数料の支払いが発生します。

Q4「離婚公正証書の作成は強制ですか?」

離婚公正証書を作る義務はないので、
お互いが「作りたい」と考えた場合に作ることが出来ます。
(注 一方が拒否した場合は作ることが出来ません。)

仮に「作らない」という選択肢を選んだ場合、
離婚条件は口約束で終えるので、離婚後のトラブルの種(Q2参照)を抱えます。

こういう訳で協議離婚を考えたら、
作る・作らないは別として、1回は作成の検討をしてみて下さい。

【関連記事】
離婚Q&A(離婚協議書について)
離婚Q&A(通知義務について)
離婚Q&A(秘密保持について)
離婚公正証書完成までの流れ
養育費の公証役場手数料

離婚公正証書についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる離婚公正証書

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚Q&A3 2017/05/29】