離婚Q&A(財産分与について)

離婚問題はお任せ下さい

離婚Q&Aを複数回に分けてお伝えします。

Q1「財産分与とはどのようなものですか?」

結婚してから離婚するまでの間に
夫婦間で蓄えたものを清算することを財産分与と言います。

各ご夫婦によって蓄えたものは異なりますが、
一般的に不動産・お金(預金)・電化製品等が対象となります。

Q2「どうやって清算したら良いですか?」

協議離婚では話し合いで清算方法(分け方)を決定します。

全ての財産を現金化出来れば協議を進めやすいですが、
現実的には出来ないことも多々あるので、難しいケースもあります。
(例 テレビの型が古くて、査定をしても値段がつかない。)

Q3「現金化出来ない時はどうすれば良いですか?」

財産に価値がなく現金化出来ない時は、現物を分ける方法を行います。
(例 夫はパソコン、妻はテレビと冷蔵庫をもらう。)

Q4「妻に夫名義の預金をもらう権利はありますか?」

財産分与では預金の名義人は関係ないので、
結婚中に蓄えたお金であれば、財産分与の対象になります。
(注 逆に妻名義の預金も対象になります。)

ちなみに独身時代に貯めていた預金に関しては、
結婚中に蓄えたお金ではないので、原則財産分与の対象にはなりません。

Q5「購入して間もないマイホームがあるのですが・・・」

購入直後の場合はローンが残っているケースが多いので、
銀行の許可を得られない限り、勝手に売却することは出来ません。

つまり売却以外の選択肢で結論を出す必要があり、
現実的には離婚後も一方が住み続けることになるケースが多いです。

一般的にはローンの債務者(不動産の名義人)が住み続けることになります。

ちなみに不動産を購入する時に連帯保証人になっている場合は、
将来のリスク回避をしておくべきなので、1度専門家への相談をお勧めします。

【関連記事】
離婚Q&A(慰謝料請求について)
離婚Q&A(年金分割について)
ローン残高が多い不動産の財産分与
家具や家電の財産分与は口約束で終える?

財産分与についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる財産分与

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚Q&A2 2017/05/09】