離婚Q&A(子の親権について)

離婚問題はお任せ下さい

離婚Q&Aを複数回に分けてお伝えします。

Q1「親権って何ですか?」

離婚届を提出する時点で未成年のお子様がいる場合、
離婚後、お子様と一緒に生活(世話)する者を決める必要があります。

これを親権と言い、一緒に生活する者を親権者と言います。

Q2「絶対に親権を決めないといけませんか?」

離婚届を見て頂ければ分かりますが、親権者の記入欄があります。

つまり親権の合意(記入)が出来ていない場合、
役所では離婚届を受取ってくれないので、協議離婚の成立が出来ません。

Q3「親権はどうやって決めたら良いですか?」

協議離婚の場合、夫婦間の話し合いで決定します。

ただお子様が幼い場合は母親が親権者になるケースが多く、
一定の年齢に達しているケースでは、お子様の意思も尊重することも多いです。

Q4「親権の合意が出来ない場合はどうなりますか?」

親権の合意が出来ない場合は離婚を諦めるか、
家庭裁判所が関与する調停の申立を行い、結論を出すことになります。

Q5「双方(夫と妻)が親権者になれないのですか?」

現在、共同親権が認められていないので、
協議離婚の成立を目指すのであれば、必ず親権の合意が必要となります。

協議離婚は手続き上は簡単と言えますが、
後悔しない為にもその過程(離婚条件の話し合い)を大切にして下さい。

【関連記事】
離婚Q&A(協議離婚について)
離婚Q&A(子の養育費について)
離婚Q&A(親と子の面会交流について)
離婚に伴う子供の戸籍と姓

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚Q&A 2017/04/19】