離婚公正証書の見本(面会交流の回数編)

離婚問題はお任せ下さい

離婚公正証書(協議書)を作る時に役立つ
面会交流の見本を複数回に分けて、解説付きでお伝えさせて頂きます。
(全体の見本(文例・雛形)についてはこちらをご覧下さい。)

【面会交流の回数】

乙は甲が月に2回
長女と面会交流することを認め、
面会交流の日時や場所については、
面会交流の都度、
事前に甲乙間の協議の上決定する。

先ず一般的に離婚公正証書(協議書)を作る場合、
甲(払う側)や乙(貰う側)といった表記を利用することになります。
(甲は夫、乙は妻になるケースが多いです。)

ちなみに子については「丙・丁」と書くケースが多いですが、
当事務所では見本のように「長女・二女」という表記を使っていいます。
(※ 長女・二女という書き方の方が分かりやすいと考えているからです。)

面会交流の話し合いは夫婦間で行うので、
具体的な回数については、各ご夫婦によって大きく変わります。
(注 協議離婚では具体的な条件を全て夫婦間で話し合います。)

見本では2回としておりますが、協議の結果、
1回・3回・4回等、双方が合意出来れば自由に決定することが出来ます。

「絶対に回数を決める必要はありますか?」

面会交流は離婚時の状況に応じて判断されるので、
双方が納得しているのであれば、回数を定めなくても問題ありません。

例えば、お子様が中学生以上だった場合は、
「子や甲が望んだ時に実施する」という抽象的な合意をされる方が多いです。
(注 精神的な年齢なので、一概に中学生で線引きする必要はありません。)

お子様が自分の意思をしっかり言える年齢の場合は、
具体的(○回)に決めずに抽象的な合意の方が、面会交流が円滑に進みます。

こういう訳で面会交流の回数については、
離婚時の状況に応じて柔軟な結論を出すことをお勧めしています。

【関連記事】
面会交流ってどんなもの?
離婚公正証書の見本(面会交流の宿泊編)
離婚公正証書の見本(面会交流の禁止事項編)
協議離婚が選ばれる理由

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【面会交流 2017/04/12】