行政書士辻と離婚の関係(前編)

離婚問題はお任せ下さい

今回は私が離婚公正証書(協議書)作成を始めた経緯や、
これまでの経験で感じたこと等について、お伝えさせて頂きます。

【行政書士辻と離婚の関係】

① 下積み経験はなし
② 離婚問題は整理が大切

先ず私は開業まで建材販売の仕事をしていたので、
下積みの経験はなく、開業後は独学で離婚問題について学びました。
(厳密には開業準備中(約1年)からとなります。)

勉強方法としては大量の離婚本を購入し学んでいましたが、
どうしても情報が浅いなと感じ、ご依頼は受けれないなと思っていました。

協議離婚は離婚に至った経緯や原因で対応が分かれるので、
離婚本を浅いなと感じたのは、仕方ないことだと思っています。
(※ 離婚の全体像を知るという意味では、離婚本の意義は十分にあります。)

このような状況を抜け出すきっかけとなったのは、
行政書士会での研修会への参加や公証役場の公証人への相談でした。
(書籍では触れられない、細かい情報や知識を得ることが出来ました。)

こういう訳で離婚本+aの情報や知識を得たことによって、
ご依頼者様からに対して、現状の問題整理や道筋をお伝え出来るようになりました。
(離婚問題は様々なレールがあるので、道筋をつけることは大切です。)

「○○ってどうなりますか?」
「申し訳ないですが、後程確認してからお伝えします。」

開業当初、なかなかご相談内容に即答することが出来ず、
このようにお時間を頂いていましたが、現在はほぼ即答を出来ています。

理想は全てのご相談内容について即答することなので、
これからも日々勉強を続け、ご依頼者様のお役に立てるよう励みます。

【関連記事】
関連書籍と離婚の関係
行政書士辻と離婚の関係(後編)
行政書士と離婚の関係

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚関係者2 2017/03/10】