関連書籍と離婚の関係

離婚問題はお任せ下さい

協議離婚は夫婦間の話し合いで進める離婚となるので、
協議事項(養育費等)については、ご自身で調べた上で集める必要があります。

最近はインターネット経由から集めるのが主流ですが、
協議離婚に関する書籍を購入して調べることも、良い方法だと思います。

【離婚本との関係】

① 経験豊富者が記載
② 知識や情報が増える

本屋さんで見て頂けたら分かりますが、
離婚本の著者は離婚問題に精通した方(弁護士や行政書士)が多いです。

つまりインターネット上の情報と比較すると、
名前や顔が出ているので、信頼性(信憑性)が高いと言えます。

又、離婚本は情報を整理された上で販売されているので、
全体像を知るのに役立ち、私も開業前には大量の離婚本を読んでいました。

最近はマンガ形式の本も販売されているので、
少し立ち読みをした上で、ご自身に合う本を選んで頂けたらと思います。

「離婚本は絶対に読むべきですか?」

答えはご自身に合う方法を選ぶことが大切です。

協議離婚に関する情報を集める方法としては、
離婚本以外にも様々な媒体(人)から得ることが出来るからです。
(例 インターネット・離婚経験者・行政書士等)

協議離婚は手続きが簡単というメリットがある一方、
正確な情報や知識をもとに協議しないと、後々後悔するので気を付けて下さい。

【関連記事】
行政書士の辻と離婚の関係(前編)
行政書士の辻と離婚の関係(後編)
離婚の情報を集める
協議離婚の成立条件

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚関係者2 2017/03/09】