弁護士と離婚の関係

離婚問題はお任せ下さい

協議離婚は夫婦間の話し合いで進める離婚を言い、
双方が納得すれば離婚条件も自由に決定することが出来ます。

但し、協議で出来ない状況(双方が感情的になる等)だったり、
離婚条件(養育費等)の折り合いがつかないというご夫婦もいらっしゃいます。

【弁護士との関係】

① 代理人になってくれる
② 報酬の支払いが発生する

弁護士は代理人として動いてくれるので、
離婚協議が難航している場合、力強い味方になってくれます。
(注 代理人として交渉出来るのは弁護士だけです。)

つまり、弁護士に依頼をすることで、
精神的な負担(イライラ等)の軽減に繋がることが期待出来ます。

更に経済的利益(慰謝料の額が多い等)を得れる可能性も十分あります。

「現在の状況は○○です。」

当事務所の無料相談では現状確認から始めますが、
内容によっては弁護士への相談・依頼を勧めることもしばしばあります。
(※ 調停離婚を勧めるケースもあります。)

こういう訳で弁護士へ依頼するメリットは十分ありますが、
報酬の支払いも生じるので、依頼前に費用の確認をすることが大切です。
(注 現在、当事務所では弁護士事務所の紹介はしておりません。)

【関連記事】
離婚を考えている人と経験者の関係
離婚を考えている人と親の関係
インターネットと離婚の関係
行政書士と離婚の関係
司法書士と離婚の関係
公証役場と離婚の関係

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚関係者 2017/03/07】