司法書士と離婚の関係

離婚問題はお任せ下さい

協議離婚は夫婦間の話し合いで進める離婚を言い、
双方が納得すれば離婚条件も自由に決定することが出来ます。

【司法書士との関係】

① 不動産の財産分与
② 移転登記の手続き

婚姻中に不動産を購入した場合、
離婚時に財産分与の話し合いを行うことになります。
(不動産=家屋やマンション)

「売却して売却益を分ける。」
「離婚後も妻が子と一緒に住み続ける。」

財産分与の分け方はいくつかありますが、
仮に不動産の名義を夫から妻に移すと合意した場合、
離婚後、法務局に出向いて移転登記手続きを行う必要があります。

移転登記手続きはご自身で行うことも可能ですが、
司法書士に依頼をすれば代理人として手続きを進めてくれます。

「手続きが難しい」と感じた場合は、依頼の検討をしてみて下さい。
(当事務所でも大阪の司法書士なら紹介を出来ます。)

ちなみに行政書士は移転登記手続きを出来ないので、ご注意下さい。

【関連記事】
離婚を考えている人と経験者の関係
離婚を考えている人と親の関係
インターネットと離婚の関係
行政書士と離婚の関係
弁護士と離婚の関係
公証役場と離婚の関係

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚関係者 2017/03/03】