行政書士と離婚の関係

離婚問題はお任せ下さい

協議離婚は夫婦間の話し合いで進める離婚を言い、
双方が納得すれば離婚条件も自由に決定することが出来ます。

【行政書士との関係】

① 離婚協議書の作成
② 離婚公正証書の原案作成

先ず合意した離婚条件は口約束で終える方が多いです。

「約束の勘違いを防ぎたい。」
「離婚後のトラブルを減らしたい。」

口約束で終える=証拠がないという状態なので、
このような不安や心配を抱えている方も多数いらっしゃいます。

こういった不安を解消する方法として有効なのが、
合意した離婚条件を書面(離婚協議書離婚公正証書)に残すことです。

書面に残す=証拠として残るということなので、
何か問題が起きたとしても、書面を見れば直ぐに解決します。
(注 書面に記載されている内容に関する問題に限ります。)

離婚協議書や公正証書原案の作成はご夫婦でも出来ます。

「記載内容に不備(漏れ)がないかな?」

ご夫婦で作る場合、離婚情報の収集から始めるので、
いざ完成したとしても、このような不安を抱えたまま離婚する可能性があります。

この不安を解消する方法として行政書士の関与があり、
知識や情報を持っているので、整理された質の高い書面を作ることが出来ます。
(注 各行政書士によって知識や情報量に差はあります。)

但し、報酬の支払いというデメリットもあるので、
積極的に無料相談等を利用して、良い行政書士を見つけることも大切です。

【関連記事】
離婚を考えている人と経験者の関係
離婚を考えている人と親の関係
インターネットと離婚の関係
司法書士と離婚の関係
弁護士と離婚の関係
公証役場と離婚の関係

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚関係者 2017/03/02】