NO.1 離婚を考え始める

離婚問題はお任せ下さい

協議離婚を考えた時や悩んだ時に
近くに離婚経験者の方がいれば、頼ることが出来ます。

【離婚経験者に頼る】

① 離婚情報を持っている
② 失敗談を聞くことが出来る
③ 進め方は参考程度にする

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めることになるので、
自分で離婚の情報を集めてから、協議を開始することになります。

離婚情報は多種多様であり、整理することも大変なので、
離婚経験者に相談することが出来れば、効率が上がる可能性が高いです。
(例 養育費の金額・支払日・支払方法・始期・終期等)

特に離婚後の手続き(児童扶養手当の申請等」に関しては、
申請内容に差が生じることが少ないので、積極的に相談をして下さい。

「○○も話しておけば良かった・・・」

離婚後、協議のやり直しを行うことは可能ですが、
相手の承諾が必要となるので、現実的に実現の可能性は低いです。

つまり離婚時の協議でどれだけ詰めれるかが勝負なので、
このような状況を避ける為にも、失敗談の話は有益な情報となります。

「積極的に話していきたい。」
「言葉にするのは苦手なので、書面で伝えたい。」

最後に離婚協議の進め方(やり方)に関しては、
このように各々の性格に左右されるので、参考程度にして下さい。

こういう訳で近くに離婚経験者がいれば、力強い存在になってくれます。

【関連記事】
離婚を考えている人と親の関係
インターネットと離婚の関係
行政書士と離婚の関係
司法書士と離婚の関係
弁護士と離婚の関係
公証役場と離婚の関係

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚関係者 2017/02/23】