離婚慰謝料の書き方(一括払い)

離婚問題はお任せ下さい

離婚慰謝料の合意(一括払い)を
離婚協議書公正証書に残す場合の書き方をお伝えします。

【一括払いの文例】

甲は乙に対し、
慰謝料として金100万円を
支払う義務があることを認め、
平成29年2月1日に
これを乙に交付し乙は受領した。

この文例を見ると既に支払済(100万円)だと分かりますが、
証拠として残すべきなので、書かないという選択肢は消えます。

仮に公正証書を作る場合、手数料が気になりますが、
証拠の記載については目的価額に算入されないので、かかりません。

妻「慰謝料あと20万足りないよ。」
夫「お互いが100万円で合意したじゃないか。」

証拠として残す意味についてのご相談を受けますが、
このようなトラブルを防ぐことが出来るので、お互いにメリットがあります。
(夫が妻に対して返還を求めるという逆のケースもあり得ます。)

ちなみに一括払いでは離婚前に受取ることが望ましいですが、
協議の結果、支払日が未来(離婚後)になる場合は必ず書くようにして下さい。
(注 このケースで公正証書を作る場合は手数料がかかります。)

離婚原因によっては慰謝料の合意を行うこともあるので、
これを機会に一括払い書き方を覚えて頂ければと思います。

【関連記事】
離婚慰謝料の書き方(分割払い編)
離婚慰謝料の書き方(一括払いと分割払いの併用編)
自分で不倫相手に慰謝料請求出来る?
不倫相手と慰謝料の合意が出来た時にすること

慰謝料についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる慰謝料

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【慰謝料2 2017/02/16】