別居期間を作る

別居期間を設けることは良い手と言えます

協議離婚はご夫婦の話し合いで進めることが出来ますが、
離婚条件の協議が難航し、なかなか進まないというご夫婦もいらっしゃいます。
(離婚条件の例 親権・養育費・面会交流・慰謝料財産分与年金分割)

このような状況を打破する為に、
一時的な別居を選択し、冷却期間を設けるという方法があります。

別居期間中は対面での協議ではなく、
電話やメールを利用するので、冷静に話し合える環境になりやすくなります。

特にメールを利用する場合、返事を考える時間が確保出来るので、
考えの整理が出来て、希望をまとめやすくなるという話をよく伺います。

こういったメリットがある一方、
ご注意頂きたいことが2点(親権と財産)あります。

先ずお子様の親権を取りたいと考えている場合は、
あなた1人ではなく、お子様も連れて別居するようにして下さい。

仮にお互いが親権を主張して調停に進んだ場合、
お子様を残して別居したという事実があると、難しい状況になる可能性があります。
(注 協議が難航した場合、家庭裁判所が関与する調停に進みます。)

次に財産状況を確認してから家を出るようにして下さい。

特に預貯金の残高を確認せずに出ると、
別居中に相手が使い込んでも、気付くことが出来ず、
財産分与の時に受取れる財産の減少に繋がる可能性があります。

このようなメリット・デメリットがあるので、
協議離婚に関する情報を集めてから、行動することが大切です。

【関連記事】
協議離婚の成立条件
離婚の情報を集める

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚を考える 2016/05/11】