理想的な動産の財産分与の終え方

離婚問題はお任せ下さい

今回は動産財産分与流れをお伝えします。
(動産とは家具や電化製品のことです。)

【動産の財産分与の流れ】

① 動産のリストを作る
② リストをもとに分け方を話し合い
③ 分け前が決定したら協議終了

先ず婚姻期間中に購入した動産を確認して、
メモ書きで構わないので、一覧表の①リストを作ります。

妻「冷蔵庫は欲しい。」
夫「パソコンは欲しい。」

次に一覧表のリストをもとに協議を始め、
このようにお互いの希望を伝え、②分け方を決定していきます。
(協議離婚は夫婦間の話し合いで離婚条件を決めていきます。)

最後に分け前が決定=協議の終了となりますが、
合意した内容については、口約束又は書面に残すことになります。
(書面=離婚協議書又は離婚公正証書)

夫「やっぱり冷蔵庫欲しい。」
妻「くれるって言ったじゃない。」

離婚後、このようなトラブルを避ける為にも、
合意内容については口約束ではなく、書面に残すことをお勧めします。

【関連記事】
家具や家電の財産分与は大切
動産の財産分与はどこまで話し合う?
家具や家電の財産分与は口約束で終える?
動産の財産分与の公証役場手数料
不動産の財産分与は難しい?
公正証書と離婚協議書の違い

財産分与についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる財産分与

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【財産分与2 2017/02/10】