動産の財産分与はどこまで話し合う?

離婚問題はお任せ下さい

動産=家具や家電となるので、正直な話
どこまで話し合ったら良いのかという線引きのご質問を多数頂きます。

そういう訳で今回は具体的な例として、
あるご夫婦(田中家)の結論(分け前)を見て参考にして頂ければと思います。

【財産目録(リスト)】

① テレビ
② エアコン
③ パソコン
④ 空気清浄機
⑤ 掃除機
⑥ 電子レンジ
⑦ トースター
⑧ 以降・・・・⑳まで

動産の財産分与は誰が何を貰うかという協議になるので、
メモ用紙等を利用して簡単な財産目録を作ることから始めて下さい。

田中家の財産目録には①~⑳まで書かれていましたが、
実際に協議で合意したのは7品(①~③が妻・④~⑦が夫)だけとなりました。

「正直、⑧以降は面倒だな・・・」

本来は20品目全ての分け前を協議すべきですが、
このように感じ、高価なモノ(①~⑦)だけに絞るという結論を出しました。
(⑧以降は欲しい人が貰うという簡単な合意だけとなります。)

動産の財産分与の協議は離婚後のトラブル防止に役立つので、
高価なモノという基準で協議を行うことは、良い判断基準だと言えます。
(※ 結論を離婚協議書(公正証書)に残すことでトラブルを防止出来ます。)

例えば、離婚した後に夫から①テレビを欲しいと言われた場合、
「あり得ない」という負の感情を抱え、トラブルに発展する可能性があります

一方、⑧以降を要求された場合は、①のような負の感情を抱く可能性は低いです。

こういう訳でモノに対する価値は人それぞれですが、
財産分与の協議で高価なモノという判断基準の検討もしてみて下さい。

【関連記事】
家具や家電の財産分与は大切
家具や家電の財産分与は口約束で終える?
理想的な動産の財産分与の終え方
動産の財産分与の公証役場手数料

財産分与についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる財産分与

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【財産分与2 2017/02/08】