離婚公正証書完成までの流れ

離婚問題はお任せ下さい

離婚公正証書を完成させる為には、公証役場に出向く前に
離婚条件(慰謝料財産分与等)の合意を終えている必要があります。

【主な離婚条件】

◇ 子供のこと(養育費や面会交流)
◇ お金のこと(慰謝料や財産分与等)

各ご夫婦によって離婚の経緯(原因)は異なるので、
各々の状況に応じた条件(面会交流は月2回等)で、合意することが大切です。

離婚条件を口約束で終えた場合、細かい内容に関して
「記憶違い」というリスクが生まれ、離婚後のトラブルの種となります。
(例 養育費の支払額について記憶違いが起きる。)

【離婚公正証書完成までの流れ】

① 合意内容をメモ書きする
② 公証役場に①のメモを提出
③ 公証役場がメモ書きを清書する
④ 作成日に夫婦が出向いて署名
⑤ 離婚公正証書の完成
⑥ 離婚届の提出

行政書士が関与せずにご夫婦で離婚公正証書を作る場合、
公証役場に合意内容のメモ書きを伝えてから、公証人に清書してもらいます。
(注 無効な合意は削除という扱いを受けます。)

メモ書きではなく口頭でも良いですが、間違いを防ぐ為にも極力控えて下さい。

公証役場で離婚公正証書の準備が出来たら、予約をして
ご夫婦2人で出向いて内容を確認し、問題がなければ署名をして完成となります。
(※ 当事務所では代理人作成を行うので、ご夫婦が出向く必要はありません。)

尚、メモ書きを提出した日に離婚公正証書は出来ないので、
公証役場の予約状況にもよりますが、完成まで1週間~2週間程度はかかります。

最後に離婚公正証書は支払いの終期まで、大切に保管して下さい。
(例 養育費の最終支払日・慰謝料の最終支払日等)

【関連記事】
行政書士と離婚公正証書の関係
離婚公正証書を作るメリット
5分で分かる協議離婚
離婚協議書完成までの流れ

離婚公正証書についてはこちらのページをご覧下さい。 → ゼロから始める離婚公正証書

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚公正証書 2017/02/02】