離婚協議書を作るメリット

離婚問題はお任せ下さい

今回は離婚協議書のメリットをお伝えさせて頂きます。

【離婚後のトラブル例】

夫「預貯金は折半の約束だった。」
妻「違います。私が6割の約束でした。」

離婚条件を口約束で終えた場合、離婚後、
夫が悪意を持って、このような主張をする可能性があります。
(離婚条件=財産分与慰謝料年金分割養育費等)

この例では折半(5割)と6割という、
終わりの見えない水掛け論へ発展し、離婚後のトラブルになります。

「預貯金は夫5割、妻5割を取得することで合意した。」

仮に離婚条件を書面(離婚協議書)に残して、
このような合意事項を書いていれば、水掛け論のトラブルは起きません。

こういう訳で離婚協議書を作ることで、離婚後のトラブルを防げます。
(これが離婚協議書を作るメリットと言えます。)

更に書面に残すことで、口約束で終えた時より
「お互いが約束を守ろう」という意識付けという効果も得られます。

ちなみに悪意のある嘘は互いにつく可能性があるので、
今回の例では夫を嘘つきとしましたが、妻が嘘をつくこともあり得ます。

【離婚条件を破る】

妻「養育費が入金されていない。」
夫「今月は厳しいから、諦めて欲しい。」

離婚協議書を作っても、このように夫が約束を破る可能性はあります。

仮に約束を破ってもペナルティーを受けないので、
離婚協議書作成=100%安心とは言えないというデメリットがあります。

但し、これがきっかけで裁判等になった場合は、
法的に有効な離婚協議書があれば、有力な証拠として扱われます。

ちなみに離婚公正証書を作った場合は、
強制執行(差押え)という大きなペナルティーを受けることになります。

こういう訳で離婚協議書も万能ではないので、
メリットとデメリットを知ってから、作ることが大切です。

【関連記事】
離婚協議書完成までの流れ
行政書士と離婚協議書の関係
公正証書と離婚協議書の違い
養育費の支払率を上げる方法
養育費のトラブル(口約束編)
財産分与の注意点(不動産)

離婚協議書についてはこちらのページをご覧下さい。 → ゼロから始める離婚協議書

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【離婚協議書 2017/01/31】