合意分割の基礎知識

離婚問題はお任せ下さい

離婚時の年金分割の申請方法は3パターンあり、
今回は一番分かりにくいと言われる、合意分割を具体例を使い解説します。

【山田夫妻の離婚までの流れ】

① 結婚(平成10年4月)
② 夫は会社員 妻も会社員
③ 共に結婚~離婚まで働いている
④ 協議離婚の成立

先ず山田夫妻は共働き(共に厚生年金を納付)なので、
前回お伝えした3号分割には該当せず、合意分割の申請対象となります。

次に婚姻期間中の納付記録等を知る為に、
年金事務所にて「年金分割の情報通知書」を請求する必要があります。

情報通知書には第一号改定者・第二号改定者という項目があり
仮に一号が夫、二号が妻と書かれている場合、「夫→妻」に分割となります。

年金分割は多く納めた側が譲る制度となるので、
婚姻期間中の収入によっては「妻→夫」に分割となるケースもあり得ます。

最後に合意分割では按分割合の話し合いが必要なので、
情報通知書に書かれている範囲内(○%~50%以内)で結論を出すことになります。

合意分割の申請は離婚成立後になるので、
離婚届提出後、夫婦揃って年金事務所に出向いて終了となります。

ちなみに妻が平成20年4月以降に専業主婦になった期間があれば、
その期間に関しては3号分割となるので、合意+3号の併用申請となります。

こういう訳で年金分割の申請を考え始めたら、
合意分割の対象者(婚姻期間と働き方)であるかどうかの確認が必要となります。

【関連記事】
年金分割の基礎知識
年金分割を申請出来る人
3号分割の基礎知識
離婚公正証書に年金分割を書く
離婚の相談相手
協議離婚のスケジュール

年金分割についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる年金分割

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【年金分割 2017/01/25】