3号分割の基礎知識

離婚問題はお任せ下さい

離婚時の年金分割の申請方法は3パターンあり、
今回は一番手間がかからない、3号分割を具体例を使って解説します。

【田中夫妻の離婚までの流れ】

① 結婚(平成20年5月)
② 夫は会社員 妻は専業主婦
③ 妻は離婚まで1度も働いていない
④ 協議離婚の成立

先ず3号分割を利用出来る期間は平成20年4月以降の支払分となり、
今回の田中夫妻の結婚は平成20年5月なので、この条件をクリアしています。

次に3号分割を利用出来る人は専業主婦(主夫)となるので、
結婚~離婚までの間、妻は1度も働いていないのでこの条件もクリアとなります。
(※ 専業主婦だけではなく、扶養内パートでも構いません。)

最後に3号分割の按分割合は話し合いが不要で、
一律折半(50%)となるので、妻は離婚した後2年以内に、
1人で年金事務所に出向けば、単独で申請を行うことが出来ます。

仮に田中夫妻の結婚が平成10年4月だった場合は、
次回お伝えする合意分割と3号分割の併用申請という扱いになります。

こういう訳で「期間」「働き方」の条件を満たしているので、
今回の田中夫妻のケースでは、妻は3号分割を利用出来る対象者となります。

【関連記事】
年金分割の基礎知識
年金分割を申請出来る人
合意分割の基礎知識
離婚公正証書に年金分割を書く
離婚の情報を集める

年金分割についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる年金分割

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【年金分割 2017/01/24】