年金分割を申請出来る人

離婚問題はお任せ下さい

離婚時の年金分割の申請を行う為には、
婚姻期間中に厚生年金(共済年金)を納めている必要があります。

つまり国民年金しか納めていない自営業の場合は、対象から外れます。

【婚姻期間中の職業別判断】

○ 夫は会社員で妻も会社員(1)
○ 夫は会社員で妻は専業主婦(2)
○ 夫は自営業で妻は会社員(3)
× 夫は自営業で妻は専業主婦(4)

婚姻期間中、夫婦の内一方でも厚生年金を納めていたら、
年金分割の対象となり、現実的には①と②のケースが多いと思われます。

ちなみに②では「夫→妻」へ譲ることになりますが、
①で妻が夫より多く納めていれば「妻→夫」へ譲る可能性もあります。

「どちらが譲る側か分かりません・・・」

こういった疑問を含む、夫婦間の年金分割に必要な情報は、
年金事務所で発行される「情報通知書」を見れば、直ぐに解決するので、
年金分割を考えたら、情報通知書の請求・確認から始めるようにして下さい。

「夫は結婚3年目に独立(自営業)したのですが・・・」

年金分割は厚生年金(共済年金)を分けるものなので、
婚姻中に2つの職業(会社員と自営業)があっても、会社員分は対象となります。

こういう訳で結婚~離婚までの職業が自営業以外の場合は、
年金分割を申請出来る可能性が高いので、お気軽にご相談下さい。 → 無料相談

【関連記事】
年金分割の基礎知識
3号分割の基礎知識
合意分割の基礎知識
離婚公正証書に年金分割を書く
離婚を考え始める

年金分割についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる年金分割

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【年金分割 2017/01/23】