年金分割の基礎知識

離婚問題はお任せ下さい

離婚時の年金分割は馴染みがないので、
「イメージが湧かない」とおっしゃるご依頼者様が多いです。

年金分割という制度を噛み砕いて説明すると、
婚姻期間中に納付した「厚生年金や共済年金」を分けることです。
(平成27年10月から共済年金は厚生年金に統一されています。)

「なぜ分ける必要があるのですか?」

例えば、夫が会社員で妻が専業主婦だった場合、
納めている年金の種類が異なる(夫は国民+厚生・妻は国民)ので、
将来受取れる年金額についても差が生じる(夫>妻)ことになります。

定年後の生活費=夫の年金+妻の年金

定年後も婚姻関係が続く場合は、夫婦の財布は1つですが、
離婚すると別々になるので、貰える年金が少ない妻は生活に困ります。

「私が支えたから夫は仕事を出来たのに・・・」

このような不公平感を解消する為に生まれたのが、
年金分割(夫から妻に厚生年金の一部を移す)という制度です。

ちなみに年金分割は「多い方から少ない方に移す」制度なので、
婚姻期間中の働き方によっては「妻側から夫側に移す」可能性もあります。
(例 専業主夫・共働きで妻の方が収入が多い場合等)

年金分割は誰もが利用出来る制度ではないので、
申請条件や申請方法等については次回以降にお伝えさせて頂きます。

【関連記事】
年金分割を申請出来る人
3号分割の基礎知識
合意分割の基礎知識
離婚公正証書に年金分割を書く
離婚後の生活を考える
離婚の情報を集める

年金分割についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる年金分割

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【年金分割 2017/01/20】