ローン残高が多い不動産の財産分与

離婚問題はお任せ下さい

ローン残高が多い不動産の財産分与については、
協議離婚の話し合いで揉める可能性が高く、合意出来る可能性は低いです。

【主な選択肢】

① 売却する
② 離婚後も一方が住み続ける

不動産を①売却する場合は、先にローンを一括返済する必要があり、
まとまったお金を用意することが出来なくて、売却出来ないことが多いです。

つまり①売却するという選択肢は消えます。

次に残された選択肢②がありますが、
離婚後、一方だけで住宅ローンの支払いが出来るかという問題が生じます。

例えば、共働きのご夫婦の場合、
婚姻期間中は2つの財布からローンを払えていたけど、
離婚後は財布が1つになり「払えない」という状況が起きるかもしれません。

もちろん、共働きだとこのような状況は起きませんが、
その他の離婚条件(養育費等の支払い)に影響が出ることが予想されます。
(例 住宅ローンの支払いが多くて、養育費の支払額が少なくなる。)

夫「離婚後に自由に使えるお金は○万円。」
妻「それだったら養育費は○万円は払えるかな?」

支払いが滞ってからでは遅いので、
離婚協議の段階から、こういった情報を集め、
離婚後の生活シュミレーションをした上で協議することが大切です。

ちなみにこのようなケースで連帯保証人になっている場合は、
更に話し合いが難航するので、協議離婚を諦めるお客様も多いです。
(新しい連帯保証人を見つける必要が生じるため。)

【関連記事】
不動産の財産分与とは?
ローンが終わっている不動産の財産分与
ローン残高が少ない不動産の財産分与
不動産の財産分与の注意点
不動産の財産分与の流れ
公証役場手数料の計算方法(不動産財産分与)
離婚後の生活を考える
離婚の情報を集める

財産分与についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる財産分与

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【財産分与 2016/12/13】