ローン残高が少ない不動産の財産分与

離婚問題はお任せ下さい

ローン残高が少ない不動産の財産分与については、
協議離婚の話し合いで揉める可能性は低く、合意出来る可能性が高いです。

【主な選択肢】

① 売却する
② 離婚後も一方が住み続ける

不動産を①売却する場合は、売却益について
「○対○」で分与する(分ける)という協議となりますが、
一般的には折半(50対50)が妥当であり、お互いが納得出来ると思います。

但し、売却をする為にはローンを一括で返済する必要があるので、
預貯金があれば賄えますが、ない場合は一時的に用意する必要があります。

次に協議の結果、②離婚後も一方が住み続ける場合は、
残る側が出る側に対して「不動産の対価として現金を渡す」ことになります。

【不動産の対価として】

① 現金を一括で渡す
② 現金を分割で支払う

例えば不動産の評価額が800万円で分与割合を折半にする場合、
不動産の対価として①又は②の方法で、出ていく側が貰うことになります。

一括で400万円(評価額を折半)を払える場合は良いですが、
預貯金がなく分割払いになる場合には離婚後の生活設計の検討が必要です。

「ローンがあと10か月残っている。」
「それなら支払いの開始は11か月後からで良いよ。」

仮に離婚の時点でローンが10か月残っていて、
分割払いの始期を離婚成立後にすると10か月間は2重ローンとなります。
(2重ローン=住宅ローン+不動産の対価の分割払い)

2重ローンになると「未払い」の可能性が高まるので、
このようにローン終了後に分割払いの始期を設定することをお勧めします。

但し、分割払い=未払いのリスクがあるので、
合意した内容を書面(離婚協議書又は離婚公正証書)に残すことをお勧めします。

特に離婚公正証書には強制執行力(差押え)があるので、支払率の向上が期待出来ます。

こういう訳でローン残高が少ない不動産の財産分与は、
ローン残高が多い場合と比較すると、協議がスムーズに進む可能性が高いです。

【関連記事】
不動産の財産分与とは?
ローンが終わっている不動産の財産分与
ローン残高が多い不動産の財産分与
不動産の財産分与の注意点
不動産の財産分与の流れ
公証役場手数料の計算方法(不動産財産分与)
協議離婚が選ばれる理由

財産分与についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる財産分与

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【財産分与 2016/12/12】