不倫相手と慰謝料の合意が出来た時にすること

離婚問題はお任せ下さい

【不倫相手への請求の流れ】

① 連絡する
② 直接会って話しをする
③ 不倫相手が不倫を認める
④ 慰謝料の金額の話し合い
⑤ 金額の合意&支払い
⑥ 示談書を作成

不倫相手への慰謝料請求は①~⑥の流れとなりますが、
具体的な金額の合意が出来た場合は、⑥示談書の作成をお勧めします。
(示談書ではなく「和解書」「合意書」と呼ばれることもあります。)

示談書には「将来のトラブルを防ぐ」という役割があります。

【示談書に書く内容(一例)】

① 不倫があった事実
② 慰謝料の金額
③ 支払方法(一括・分割)
④ 清算条項

先ず何の為に慰謝料を払う(貰う)のかを明確にする為に、
不倫があった事実(不倫を認める&慰謝料を払う)を書く必要があります。

「100万円を払う約束。」
「約束した金額は80万円でした。」

次に②具体的な金額を書いていないと、一方に悪意があれば、
このような嘘の主張も出来得るので、トラブルを防ぐ為にも必ず書いて下さい。

次に③支払方法については一括と分割とで対応が異なります。

「平成28年12月1日に渡した(貰った)。」

一括払いの場合は「貰っていない」という嘘をの主張を防ぐ為にも、
このように証拠として渡した(貰った)日付を必ず書くようにして下さい。

「平成29年1月から10月まで毎月10万円を末日に・・・」

分割払いの場合は相手との「将来のトラブル」を防ぐ為にも、
このように始期・終期・支払額・期日等を必ず書くようにして下さい。

尚、分割払いだと未払いのおそれがあるので、
いざという時に強制執行(差押え)が出来る「公正証書」の作成をお勧めします。

【④清算条項について】

「今回の争いは解決しました。」
「今後、お互いが追加請求をしません。」

最後にこのような④清算条項を入れないと、
時間をかけて合意したことが無になる可能性があるので、ご注意下さい。

不倫による示談書は離婚公正証書(協議書)と同じで、
当事者間によって協議内容が異なるので、①~④以外の合意をするケースもあります。
(例 今後交際しない・連絡しない等の禁止条項等。)

【関連記事】
W不倫と慰謝料の注意点(前編)
W不倫と慰謝料の注意点(中編)
W不倫と慰謝料の注意点(後編)

慰謝料についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる慰謝料

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【慰謝料 2016/12/05】