養育費の支払方法

離婚問題はお任せ下さい

【養育費の支払方法】

◇ 銀行振込を利用
◇ 毎月直接渡す

養育費の支払方法として銀行振込を利用するケースが多い為、
親権者名義(主に母親)の口座へ支払うことに抵抗感を抱く父親が多いです。
(直接渡す場合は手間がかかるので、利用される方は少ないです。)

このような場合は「お子様名義の口座」の開設をお勧めしていますが、
複数いる場合は手数料の問題があるので、じっくりと協議して決定して下さい。

当事務所ではお子様が1人の時はお子様名義、
複数いる場合は親権者名義の口座で合意されるお客様が多いです。

【口座開設~1回目支払日】

① 子名義の口座を開設
② 離婚成立
③ 親権者が旧姓に戻る
④ 子の氏も母姓に変更
⑤ 子名義の口座の氏の変更手続き
⑥ 養育費1回目支払日

母親が親権者の場合、③離婚に伴い旧姓に戻る可能性があり、
離婚後、⑤お子様名義の口座の氏の変更手続きを行う必要があります。
(過去の記事「親権者の戸籍と姓」「子供の戸籍と姓」もご覧下さい。)

離婚前に口座を作り、離婚した後にその口座の変更手続きを行います。

「2回も足を運ぶのは手間」
「離婚した後に作れば良いのでは?」

このように思われるご依頼者様が多いですが、
離婚条件を書面(離婚協議書離婚公正証書)に残す場合、
振込先情報(口座番号等)を書いた方が良いので、離婚前の開設をお願いしております。

養育費の協議では「毎月の支払額」に目が行きがちですが、
支払率を上げる為にも、細かい点(支払方法等)までこだわることが大切です。
(細かければ細かい程、離婚後のトラブル率を下げることに繋がります。)

【関連記事】
養育費ってどんなもの?
養育費の支払率を上げる方法
養育費の再協議
離婚後の生活を考える

養育費についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる養育費

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【養育費 2016/11/07】