協議離婚の失敗例(事例2)

離婚問題はお任せ下さい

協議離婚の失敗例を2回に分けて掲載します。
(前回の記事(不倫慰謝料編)はこちらをご覧下さい。)

養育費の終期が10年以上残っている方は多数いらっしゃいます。

「入院して養育費を一時的に払えない。」

支払期間中に支払者(主に夫)が病気等で入院し、
一時的に収入がなくなり、支払が滞る可能性があります。

お子様が幼い場合、親権者(主に妻)は仕事に出るのが難しく、
毎月の子育てを養育費に依存している方にとっては大きな問題となります。

このような場合に備えて、お客様に対して、
離婚協議と並行して「入院保険」の加入についてもお伝えしています。

入院保険に加入していれば、表現は悪いですが、
「保険金=収入の代用」となり、いざという時に役立ちます。

また親権者やお子様に対しても、備えとして加入を勧めています。

病気になってからの加入は困難なケースもあるので、
失敗(後悔)しない為にも、入院保険の加入についても協議をして下さい。

協議離婚と入院保険が繋がっているということを覚えておいて下さい。

【関連記事】
協議離婚の成立条件
離婚届で気を付けること
離婚後の戸籍と姓
離婚に伴う子供の戸籍と姓
養育費の支払率を上げる方法
養育費のトラブル(未払い編)

協議離婚についてはこちらのページもご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【協議離婚 2016/11/02】