協議離婚の失敗例(事例1)

離婚問題はお任せ下さい

協議離婚失敗例を2回に分けて掲載します。
(事例2(養育費編)はこちらをご覧下さい。)

離婚に至った原因が相手の不倫の場合、
精神的苦痛の対価として慰謝料の合意をされる方が多いです。

具体的な慰謝料の金額は協議で決定しますが、
支払方法としては、一括ではなく分割になるケースが多いです。

「慰謝料200万円を50回に分割して支払う。」

このような合意を口約束で終えた場合、
離婚した後にトラブル(失敗)を起こす可能性があります。

【離婚後のトラブル例】

夫「200万円ではなく150万円の約束。」
妻「いいえ、確かに200万の約束でした。」

相手が悪意のある主張(嘘)をした場合、
200万円と150万円という、証拠のない水掛け論に発展します。
(妻が逆に300万円を主張するというケースも考えられます。)

このような場合、合意した内容を書面に残しておけば、
相手の主張に対して「書面を見て」という一言で終わらすことが出来ます。

協議離婚の場合に作れる書面は、離婚協議書離婚公正証書となります。

このように口約束はあってないようなものなので、
将来、失敗したなと感じない為にも、合意した内容を書面に残すことが大切です。

【関連記事】
協議離婚の成立条件
離婚届で気を付けること
離婚後の戸籍と姓
離婚に伴う子供の戸籍と姓
自分で不倫相手に慰謝料請求出来る?
不倫相手との示談書

協議離婚についてはこちらのページをご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書・離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【協議離婚 2016/11/01】