離婚に伴う子供の戸籍と姓

離婚問題はお任せ下さい

離婚に伴う子供の戸籍と姓について、具体例を用いて解説します。
親権者(父親又は母親)の戸籍と姓はこちらをご覧下さい。

【結婚時の戸籍と姓】

父 田中 一郎(筆頭者)
母 田中 花子
子 田中 麻里

花子は結婚を機に、一郎の姓(田中)を名乗ることにし、
共に両親の戸籍から抜けて、一郎を筆頭者とする新しい戸籍を作りました。

麻里は出生後、当然に両親の戸籍に入ることになります。

【離婚後の子の戸籍】

父 田中 一郎(筆頭者)
子 田中 麻里

一郎と花子の離婚が成立(麻里の親権者は花子)した結果、
花子は結婚時の戸籍から抜け、花子を筆頭者とする新しい戸籍を作りました。

親権者である花子が戸籍から抜けたとしても、麻里は一郎の戸籍に残ります。

【離婚後の親権者の戸籍】

母 田中 花子(筆頭者)

離婚後、親権者である花子の戸籍に麻里は自動的に入らないので、
一郎の戸籍から抜いて、自身の戸籍に入れるという手続きが必要となります。

【子の姓の手続きと戸籍の移動】

① 家裁に子の氏の変更許可申立書を提出
② 家裁で申立ての許可を受ける
③ 役所に②許可書と入籍届けを提出

離婚後、花子は麻里を自身の戸籍に入れる為、
子の住所地を管轄する①家庭裁判所に申立てを行う必要があります。

申立書は家裁やインターネットからダウンロードが出来、
必要書類(戸籍謄本等)や費用(印紙代等)については、提出先の家裁に確認して下さい。

【手続き後の親権者の戸籍】

母 田中 花子(筆頭者)
子 田中 麻里

②→③の手続きを終えた結果、麻里は花子の戸籍に入ります。

このように離婚した後にしか出来ない手続きもある為、
協議離婚の成立=全てが終わりではなく、あくまでも通過点と言えます。

【関連記事】
協議離婚の成立条件
離婚届で気を付けること
協議離婚の失敗例(事例1)
協議離婚の失敗例(事例2)
離婚後の生活を考える

協議離婚についてはこちらのページもご覧下さい。 → 5分で分かる協議離婚

当事務所では離婚協議書離婚公正証書作成を通じて、
離婚問題で悩んでいる皆様の疑問や不安を解決させて頂きます。 → 初回無料相談

離婚コラムのカテゴリーページはこちらです。

【協議離婚 2016/10/28 】